タカラロゴマーク
 タカラ工業株式会社

・多目的用途横置型低速回転逆洗砂濾過機
・池用濾過装置、ウォータークリーナー他
・ポンプ

横型低速回転逆洗全自動砂濾過機

  > 開発目的・利点
> 用途別利点の補足
> 作動原理手順
> 特許システム
> 比較

> 納入事例

> 試験報告書

小型汎用ロータリークリーナー 響
ウォータークリーナー他
濾過相談室
お問い合せ
会社概要
サイトマップ
リンク

トップ

 

 

横型低速回転逆洗全自動砂濾過機 濾過機
◆日本特許 :No,3177882(一部売却可)
◆海外特許 :EPC No,69702794.5-08(全体売却可)
      アメリカ No,5948252(全体売却可)
      カナダ No,2201239(全体売却可)

 ◆ 特許システム
 〜逆洗方法の有効性〜

一般的な砂濾過機での目詰まり解消は、エアーブロー・水による逆洗あるいは、櫛状棒・水洗による表面洗浄等がありますが、どの方法を用いても内部の付着物(汚泥・鉄・マンガン・シリカ等)を、全て除去することが難しく、その残留付着物はやがて、スライム閉塞・マッドボール・水みちの原因となり、砂の逆洗洗浄が不能となり濾過機能を喪失し、水質を悪化させてしまいます。

本装置は、堅牢な低速回転式の濾槽による逆洗方式を採用し、濾過時は濾槽を停止させ、濾槽内を原水が上から供給され砂層で濾過された後、砂層下部集水部より濾過処理水として槽外へ圧送されます。また、逆洗時は濾槽自体をゆっくり回転させ、濾砂を確実に持ち上げて砂を攪拌し、砂と砂が擦り合い、砂から付着物を分離させ、全ての濾槽にわたって濾砂を復元する事ができ、逆洗・洗浄時の通水量が150ℓ/㎡/分と少く、一般縦型砂濾過機に比べ、全洗浄水量が1/4以下と節水できます。(1回あたり)

濾材の復元が完全に行えるため、濾材の肥厚を恐れる必要がなく、鉄、マンガン、シリカ、その他負荷の過重処理において逆洗回数を必要最小限にすることができ、総洗浄水量はさらに大幅な節水が出来ます。

 

図-特許システム


Copyright (C) 2004 Takara Co. All Rights Reserved.